ホームページ制作の基本

ホームページの仕組み

ホームページはパソコンのプログラム言語で扱える文書ファイルです。
ユーザーが作成したホームページは、自宅のパソコンからサーバと呼ばれる端末に転送されます。サーバシステムはインターネット回線提供業者などが設置していて、
そこにデータを保存することによって、世界中からアクセス可能な仕組みになっています。ホームページはタグや動画ファイル、画像などのファイルでページがリンク構成されており、ウェブブラウザとよばれるアプリケーションによって書式が画面に表示される構造です。ホームページ制作で最も大事な文書ファイルはHTMLファイルともいい、タグに慣れていないと使いこなすのが大変です。ですが専用ソフトを使えばリアルタイムで確認しながら凝ったホームページを制作することができます。

初心者でも作れるホームページ

ホームページ制作のソフトではレイアウト機能や画像加工、ロゴ素材やフォントなどを作成する機能がそろっています。そのため初心者でも凝ったページを作成する事が可能です。
ホームページのデザインはどんどん進化しており、
個人の趣味のものやネットショップ、企業サイトなど益々本格的なものになっています。出来上がったホームページを公開するには、プロバイダーなどが提供している無料のホームページスペースを利用します。このサービスを利用すると、自分の作成したデータを保存することが可能です。ただ無料ホームページサービスは商用利用が出来なかったり、要領に制限があるのでよく確認して自分に合ったサーバを選びましょう。またホームページは第一印象が全てです。特にトップページは閲覧者の興味を引くように工夫しましょう。

ホームページ制作を業者へ依頼する際に、業者の選定前の情報としてWebサイトのホームページ制作の実績を見ることで、その業者がどのような制作を行ってきたのか参考にすることができます。